歯科技工かごしま

歯科技工、仕事関係等... 管理人が暇なときテキトーに書いています...
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
weather news
CATEGORIES
最新の投稿記事リスト
RECENT COMMENTS
LINKS
OTHERS

THANK YOU FOR VISITING

  
<< CAM機の5軸 | main | スタッフ募集? >>
GC Aadva LD-1とSHOFU DWX-51D、ワックス加工比較
CAM機、加工比較

GC Aadva LD-1・LW-1とSHOFU DWX-51D
同じデータで加工比較してみると両機の特徴が見られます
その中で違いが大きかったのが、CAD/CAM冠(ハイブリッドレジンブロック)とワックスディスクを削った時が差が出ましたね。


左がGC Aadva LD-1で削った物、右がSHOFU DWX-51Dで削った物
加工表面は圧倒的にSHOFU DWX-51Dがデータ通りの良い状態でした。
実はGC Aadva LD-1は、ワックス加工に対応していないのでPMMA加工データで作成
これが原因!  
原因なのですが、、、頑張って欲しいところ。
SHOFU DWX-51Dの方は、ワックス加工に適応しているので、加工方法も豊富!
マージンにフィットするように加工する方法と、あらかじめマージンをショートさせて加工して、加工後支台歯に戻しマージンまでワックスアップで適合させる方法もある。

CAD/CAM冠の方も、表面はSHOFU DWX-51Dの方が良い感じです
ミリングバーの違いが表面加工に差が出ていますね。
両機、適合には問題なしで、、、
じゃあ、SHOFU DWX-51Dが良いね!
と、なりそうですが、、、、
欠点も!
SHOFU DWX-51D、このミリングバー、高いんです(^^;
コストを取るか、時間をとるか、、、、

サクッとやろうとしたら、SHOFU DWX-51Dが良いです。
| CAD/CAM | comments(0) |
コメントをどうぞ